• ハゼ釣り団

台風19号 栃木県コンビニ ハザードマップ検証

今回の台風19号の被害を受けた店舗と市町村から示されていたハザードマップの場所を照らし合わせると一致している事が分かります。 やはりハザードマップは必ず確認しておく必要がある事が分かります。冠水することを前提として、休業の判断はいつするのか、店舗を後にする前に浸水させない処置をどう行うのか。このあと考える事が多そうです。


動画は下の写真をクリック↓



栃木県でローソンを

10店舗くらいひっそり経営している

有限会社seedと申します。